サイバーナイフの適応症例

サイバーナイフの適応症例

サイバーナイフラジオサージェリーシステムは基本的には定位放射線照射装置ですから、更新前の機種と同じように頭頚部の治療を行います。
更にシステムの発展により、頚椎を含む脊椎、肺、肝臓、前立腺など体幹部までもが適応となります。

当クリニックでは、まず以前と同じように頭部の治療を再開し、順次、体幹部の治療適応例を増やしていく予定です。
また、体幹部治療の保険適用には厳しい制限が掛けられていますが、クリニック独自の基準を設け、より柔軟な対応を行ないます。

対象となる主な疾患

頭蓋内疾患 血管奇形 脳動静脈奇形(AVM )など
良性腫瘍 聴神経腫瘍、髄膜腫、下垂体腫瘍、頭蓋咽頭癌、血管芽腫など
悪性腫瘍 転移性脳腫瘍、神経膠腫など
機能的疾患 三叉神経痛※1
頭頚部疾患 上顎癌、咽頭癌、副鼻腔癌など
眼窩腫瘍など
口腔癌、舌癌、歯肉癌など
体幹部疾患 原発性肺癌、原発性肝癌※2
転移性肺癌、転移性肝癌※3
前立腺癌
脊椎・脊髄疾患 脊髄動静脈奇形
転移性脊椎腫瘍※1、脊髄腫瘍※1など

※1保険適用外

※2原発性肺癌、原発性肝癌の保険適用は、直径5cm以下で、転移病巣のないものに限定されます。

※3転移性肺癌、転移性肝癌の保険適用は、病巣3個以内で他に転移病巣のないものに限定されます。

予想される治療効果と副作用を考慮し、サイバーナイフ治療の適否を判断した上で治療を行いますが、病気の種類や発生部位によっては治療上、何らかの副作用が避けられない場合もあります。

原則として副作用の危険よりも治療によって受ける利益が大きいと考えられる場合には治療を行います。
治療前に担当医より予想される副作用の具体的な内容についての説明を受け、納得した上で治療をお受け下さい。

  • 無料シャトルバスのご案内
  • 専用駐車場・地図・交通のご案内