受付から治療までの手順

受付から治療までの手順

診察予約

蘇生会クリニック サイバーナイフセンターにご連絡下さい。診察日を予約します。
診察日が決まれば、診察がスムーズに行えるよう、以下のものを事前に当院へお送り下さい。

  • 紹介状
  • 画像(病変が確認できる最新のデータ):フィルムまたはCD
  • 血液データ(腎機能などのチェックのため)
  • これまでに放射線治療を受けられた方は、その時の照射録

診察

事前に送付されたデータ、診察により、専門医が治療の適応を判定します。
体幹部(肺・肝臓など)治療では、治療精度を高める為、金属性マーカーの留置が必要になる事があります。

頭頚部

マスク作成・CT撮影

治療用の固定具(マスク)を作成し、治療計画用CTを撮影します。
必要に応じてMR検査を行います。

体幹部

固定具作成・CT撮影

呼吸による移動範囲の確認
マーカー留置の必要性の判定

マーカー不要

マーカー留置

処置のため一泊の入院が必要です。
処置の一週間後にマーカーの確認

治療計画用CT撮影

治療計画

画像データをもとに放射線治療専門医が治療計画を行います。作成された治療計画を、モデルを用いて実際に照射を行い、治療計画の精度検証を行います。

治療実施

1日1回30分~1時間程度の治療を1回~数回行います。体幹部は2週間程度の治療期間が必要です。
入院治療(蘇生会総合病院)も可能です。
治療中はモニターで監視しております。また、ナースコールを持って頂きますので、何か変わった事があれば伝えることができますし、途中で休憩することもできます。

※治療中はリラックスして頂くために、お好みの音楽をかけることも可能です。

経過観察

治療後、すぐに結果が出るものではありません。サイバーナイフ治療をはじめ放射線治療は、一般的に効果が出るまでには数ヶ月以上かかりまので、定期的な経過観察が必要です。
基本的には紹介元で経過観察をお願いしていますが、疾患によっては当クリニックや、蘇生会総合病院 脳神経外科で経過を診させていただくことがあります。

  • 無料シャトルバスのご案内
  • 専用駐車場・地図・交通のご案内
  • 简体中文