サイバーナイフの基本構造

サイバーナイフの基本構造

直線加速器 ( リニアック )

新しく設計されたコンパクトな直線加速器が搭載されました。
6MVのX線エネルギーの強さは変わりませんが、出力は800MU/分と以前の2倍の線量率になり治療時間が短縮できます。
また12種類のコリメータに加えて、新型の可変絞り機構も搭載され、線量分布の更なる適正化が可能になります。

ロボットマニピュレータ

6軸駆動による自由な動きと、高い繰り返し精度(再現性±0.20mm)を持つ産業用ロボットです。
先端に取り付けた直線加速器をほぼ全方向に向けることができます。
つまり最適な方向から腫瘍を狙い打つことができます。

病変追尾装置( Target Locating System : TLS )

病変追尾装置( Target Locating System : TLS )

2方向からX線撮影して得た現在の画像と、治療計画時に作成された画像を瞬時に比較して、病変の位置を検知します。
身体の動きがあれば、ロボットがその差を自動で修正し治療計画通りに照射します。
このような照射方法を追尾照射と呼びます。

呼吸追尾システム ( Synchrony Respiratory Tracking System )

呼吸追尾システム ( Synchrony Respiratory Tracking System )

これまでのゲーティング法や息止め法を使いません。
体表に装着したLEDマーカーの動きをから、四次元相関モデルを作成し、呼吸による臓器(腫瘍)の動きを検知します。
そうすることで照射を中断することなく、腫瘍の位置を検出し追いかけます。
治療開始から最後の1本のビームまで腫瘍を正確に打ち抜きます。

治療用コンピュータ( Treatment Planning System : TPS )

最新型コンピュータに画像検査情報を取り込み、最適な線量分布を得られる照射ビームを選択します。
Multi Planはサイバーナイフ専用に開発された治療計画装置で、複雑な治療計画も容易にかつ効果的に作成することができます。
綿密に考えられた計画に基づいてロボットや直線加速器を制御します。
また、体幹部治療で特に期待されている肺の治療では、照射線量の精度を高めるため、人体組織の密度の差を補正するモンテ-カルロ計算法を用い、より正確な治療を提供します。

  • 無料シャトルバスのご案内
  • 専用駐車場・地図・交通のご案内